- テニス肘・野球肘・ゴルフ肘

テニス肘・野球肘・ゴルフ肘

テニス肘・野球肘・ゴルフ肘はスポーツによって肘を使い過ぎたことで痛みが起こる「スポーツ障害」と呼ばれる症状です。
それぞれ、日々の練習で肘を酷使したことによって起こり中高生の部活動やアスリートでの使いすぎが原因で起こります。それぞれを詳しく見ていきましょう!

テニス肘

テニス肘は肘の外側に痛みを伴う疾患で、ラケットでボールを打つと衝撃でしびれや痛みを感じる場合やラケットを持って構えるだけで痛みを感じます。
テニス特有の打ち込み方が腱に負担をかけてしまうことが原因となって起こります。ボールを打つ際に肘関節に負担をかけてしまいやすく同じフォームを繰り返すことでテニス肘の発症につながります。
テニス肘を防ぐには、正しいフォームで構えることや短期間で過度の練習をしないようにしましょう。練習後に肘のストレッチをしっかり行うことや練習後のアイシングがテニス肘の予防に効果的です。

野球肘

野球肘は正しくは「上腕骨(じょうわんこつ)内側上顆炎(ないそくじょうかえん)」といい、投球フォームが悪いまま投げ続けていることや痛みをかばって練習を続けている場合に、筋肉の疲労が積み重なって肘の内側の腱に炎症が起きてしまっている状態です。

また、練習前にしっかりとウォーミングアップを行っておらず筋肉がほぐれていない状態で投球することで肘に負担がかかり発症します。

野球をやっている人すべての人が野球肘になるわけではなく、インナーマッスルを鍛えている人や練習後のケアをしっかりと行っている人は野球肘になりにくいとも言われます。中高生は成長期ですので無理な投げ込みは控え練習前後のケアをしっかりと行いましょう。

ゴルフ肘

ゴルフ肘は、野球肘やテニス肘のように肘の片側だけでなく両側の腱にも炎症が起こっている状態です。スイングする時のフォームが乱れていること、手首を使い過ぎて負担をかけていることで手首に痛みを感じてしまいます。

野球肘などと同様に過度な練習や練習前後のケアがきちんとできていないことで痛みが発症しますのできちんとケアすることが大切です。

テニス肘・野球肘・ゴルフ肘の症状

これらのスポーツ障害の症状は肘から前腕にかけて痛みを伴い、手首を回転させたり重たい荷物を持ったりするなどの動作で痛みを伴います。
スポーツ障害ははり治療が効果的ですのでスポーツをしていてひじや手首に痛みがある場合はお気軽にご相談ください。


テニス肘・野球肘・ゴルフ肘は練習前後にケアすることで防ぐことができます。また、痛みの緩和には鍼灸治療によって症状を緩和し治癒期間を短くすることができます。
「はり屋」ではスポーツ障害の治療を行っておりますのでお気軽にご来院ください!


アクセス情報

所在地

〒473-0936
豊田市西岡町石畑48-1

アクセス

県道239号線エディオン高岡店さんからファミリーマートさんへ100m

駐車場

4台あり

休診日

土曜・日曜・祝日も営業

ご予約について

当院は予約優先制となっております。