- 手根管症候群

手根管症候群

手のしびれや痛みを伴う手根管症候群しゅこんかんしょうこうぐんは、鍼灸治療もとても有効とされておりツボを刺激することでむくみを取り圧迫している神経の周りの筋肉をほぐすことで治療を行います。
当院、「はり屋」でも手根管症候群によって痛みやしびれの治療を行っています。

手根管症候群はむくみによる神経圧迫が原因となりますのでまずは安静にして手を使わないことが大切です、症状が改善されない場合にははり治療によってむくみを改善することでしびれや痛みの症状が改善される場合があります。

まずは当院「はり屋」にお気軽にご来院ください!

手根管症候群とは

手根管症候群は、中年女性に起こりやすい疾患のひとつで、手首の神経が圧迫されることでしびれや痛みなどの症状が起こる病気です。

手根管は手首の骨と靭帯に囲まれた空間で、そのトンネルのような空間には血管だけでなく筋肉の腱や正中神経が通っています。手根管の中を通っている正中神経が手の使い過ぎなどによってむくんでしまうと神経が圧迫してしまいしびれや痛み、物をつまんだりすることができなくなってしまいます。

手根管症候群の治療には手を使わないことが一番ですが症状がひどい場合には手術の適応となる場合があります。

手根管症候群の原因

手根管症候群は手の使い過ぎが原因で起こる病気です。家事で手首をよく使う人、反復して手首を使うことが多い事務職やパソコンの仕事をしている人に多くみられます。手を頻繁に使用する場合には手を休ませる日を作ることやサポーターを付け手に負担をかけないことが大切です。

また、手を使い過ぎて起こること以外にも手首近くの骨折や脱臼などのケガによっても一時的にしびれや痛みを伴うことがあり、同じく手を酷使することで起こる腱鞘炎けんしょうえんや関節が変形してしまう変形性関節炎、痛風、アミロイド沈着、ガングリオン、関節リウマチなど他の疾患が引き金となって発症することもあるため、しっかりとしたケアが必要になります。

手根管症候群の症状

初期の段階では、人差し指と中指にピリピリとしたしびれを感じます。次第に範囲が広がっていき親指や薬指にしびれや痛みが広がる場合があります。

しびれや痛みは明け方に強くある傾向にあり起床後に指を動かすことで痛みを感じてしまう場合があります。

症状が進むことで人差し指と親指でものがつまめなくなってしまう場合や、親指の付け根のぷっくりとしている母子球ぼしきゅうと言う部分が痩せてきて細かい作業などが困難になるため、早期の治療が必要になります。


 


アクセス情報

所在地

〒473-0936
豊田市西岡町石畑48-1

アクセス

県道239号線エディオン高岡店さんからファミリーマートさんへ100m

駐車場

4台あり

休診日

土曜・日曜・祝日も営業

ご予約について

当院は予約優先制となっております。