- 小児はりについて

小児はりについて

小児鍼(しん)の発生は日本が起源で関西、主に大阪で発展してきた施術法です。

当院の小児鍼は0歳から12歳までの子供を対象として『健康管理』と『体質改善』を目的としています。よく寝る、よく食べる、お通じがある、の精神的に安定した状態を目指します。近年ではドイツ・オーストリア・スイス・ハンガリー・イギリスと「Shonishin」は広がりドイツでは病院でもこの施術法は採用され始めています。

お悩みの例ではかんむし、おねしょ、アトピー性皮膚炎、気管支ぜんそく、チック症、発達障害などあります。

使用する鍼は小児専用の使い捨てのはりで、なでる・さするように施術します。刺さない鍼なので痛みはまったくありません。

子供は体力が無いので治療時間はごく短く小学生でも実際に鍼を使う場面は5分程度です。
たったそれだけ?と思われるかもしれませんが過剰に刺激を加えると施術後にグッタリしてしまいます。
少ない時間でも十分にからだは反応しますのでご安心ください。

知っておいてほしいこと

施術後は血行が良くなりからだが活発化して免疫力が上がるので風邪などの場合、病気と闘うために発熱が起こることがあります。
「はりをしたから症状が悪化した」わけではないことをご了承ください。


アクセス情報

所在地

〒473-0936
豊田市西岡町石畑48-1

アクセス

県道239号線エディオン高岡店さんからファミリーマートさんへ100m

駐車場

4台あり

休診日

土曜・日曜・祝日も営業

ご予約について

当院は予約優先制となっております。