- 神経痛・神経麻痺・しびれ

神経痛・神経麻痺・しびれ

しびれは普段の生活でも起こる症状で、しびれが原因で鍼灸院に来られる方も大勢います。
しびれは神経を阻害(そがい)する要因があることで、神経痛や神経麻痺などの大きな疾患を引き起こす可能性があります。
神経痛や神経麻痺の治療に用いられる鍼灸治療は、正しいツボを刺激することで症状を軽減することができます。当院も神経痛・神経麻痺・しびれの症状に対して施術を行っております。
豊田市西岡町の刈谷ハイウェイオアシス近くに当院「はり屋」はございます。ぜひ一度お気軽にご来院ください!

神経痛

神経痛は、末梢(まっしょう)神経(しんけい)のうちの感覚を感じ取っている神経が何らかの刺激を感じ取って末梢神経の元となる中枢(ちゅうすう)神経(しんけい)にピリピリと感じる「痛み」として伝わったことで起こる症状です。

神経痛は原因が分からない特発性神経痛(とっぱつせいしんけいつう)と、腫瘍や骨・筋肉などの圧迫によって起こる症候性神経痛(しょうこうせいしんけいつう)に分類されます。有名な神経痛として、坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)や後(こう)頭(とう)神(しん)経(けい)痛(つう)、肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)、三叉神経痛(さんさしんけいつう)などがあります。

これらの神経痛は疲労やストレスなどの自律神経の影響や血流不足が原因で起こることが分かっており気圧の変化の影響を受けやすい疾患でもあります。

神経麻痺

神経(しんけい)麻痺(まひ)は、脳や脊椎(せきつい)から出る中枢神経が手足の先などの末梢神経に伝わるまでに、何らかの障害によって伝達がうまく伝わらなくなり運動や感覚の障害・麻痺を起こすことを言います。

神経麻痺には橈(とう)骨(こつ)神経(しんけい)麻痺(まひ)や顔面(がんめん)神経(しんけい)麻痺(まひ)、腓(ひ)骨(こつ)神経(しんけい)麻痺(まひ)などがありその部位の運動が制限されます。神経麻痺の原因は神経の圧迫やストレスや過労などさまざまです。

麻痺が外部から押されて圧迫している場合や筋肉や腫瘍(しゅよう)などによる圧迫などで、触っても感覚がないのが神経麻痺の特徴です。鍼灸治療ではツボを刺激することで症状の緩和と回復までの期間短縮を行っています。

しびれ

しびれは、感覚が鈍くなったり体を動かしにくくなったりピリピリ・ジンジンと痛みを感じる状態の3つの状態を現します。

しびれは神経を圧迫して血流が悪くなった状態で起こり、身近にある行動では長時間の正座の後に起立したら足がジンジンして触ると変な感覚がするときの状態と同じです。

通常は数分後に元の状態に戻りますが、血行が悪くなっていて、神経がなんらかの原因で圧迫されたままになっているとしびれた状態が続いてしまい、悪化すると神経痛や神経麻痺の原因になります。
しびれが起こる疾患は椎間板ヘルニアや脳(のう)梗塞(こうそく)・脳出血などの脳障害があります。


 


アクセス情報

所在地

〒473-0936
豊田市西岡町石畑48-1

アクセス

県道239号線エディオン高岡店さんからファミリーマートさんへ100m

駐車場

4台あり

休診日

土曜・日曜・祝日も営業

ご予約について

当院は予約優先制となっております。