- 頸肩腕症候群

頸肩腕症候群(上肢のだるさ・しびれ)

頸肩腕症候群は現代人に多い症状と言われており、気が付いたら肩こりだけでなく腕のだるさやしびれの症状が起こっていたということもしばしばある症状です。
病院に行ったけどなかなか改善しない・・・そんな時は当院「はり屋」におまかせください。

頸肩腕症候群の症状の現れ方には個人差がありますのでそれぞれに合った治療を選択していく必要があります。
「はり屋」ではお一人お一人に合った治療法を相談しながら選択していきます!頸肩腕症候群でお悩みの方は、ぜひ一度当鍼灸院にお越しください!

頸肩腕症候群とは?

頸肩腕症候群とは首から腕・手指の間に起こる痛みやだるさ・しびれの総称で、病院でレントゲンやMRI・筋電図などを撮っても特に問題が見つからなかった場合に付けられることが多い診断名です。

肩こりや首こりのような症状が現れ、一般的にも多い疾患のひとつで慢性的にだるさやしびれ・痛みを感じるのが特徴で、従来の肩こりの原因の他に精神的なストレスが関係あることが分かってきました。

考えられる原因は・・・?

頸肩腕症候群の原因は、肩こりと同じように長時間同じ姿勢を続けていることや、同じ作業を繰り返し行う仕事をしている人、肩こりとは別に精神的なストレスが引き金となって起こるのではないかと言われています。

長時間同じ姿勢で仕事をするデスクワークの人や同じ作業を行っている人は筋肉が疲れてしまいやすく血行が悪くなってしまいます。現在では長時間のスマートフォンの使用で起こることも増えています。

また、過労や人間関係などで精神的なストレスが加わりしっかり休養を取ることができていないと、自律神経が乱れてしまいます。

自律神経は血液循環や体温調節・胃腸の働き・呼吸・代謝など私たちが生きていくために必要な働きをスムーズにするために働いています。しかし、過度なストレスが加わることで相互の関係にある自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまい、血流が悪くなったり体がだるいと感じてしまったり疲れているのに眠れないなどの症状が起こります。

精神的ストレスや職場のストレスがすべて頸肩腕症候群と結びつくわけではありませんが、一因になっていることは間違いありません。

症状 上肢のだるさとしびれ

頸肩腕症候群は、肩こりと上腕手の関節などのだるさの症状から始まることが多く、長期化して慢性化することで肩や上腕がうずいたり痛みを感じたりするようになります。

また、手指のしびれやふるえの症状も見受けられるようになります。頸肩腕症候群は知らず知らずのうちにだるさや肩の痛みが始まったということもよくありますので、しっかりとした早いうちからのケアが必要です。


 


アクセス情報

所在地

〒473-0936
豊田市西岡町石畑48-1

アクセス

県道239号線エディオン高岡店さんからファミリーマートさんへ100m

駐車場

4台あり

休診日

土曜・日曜・祝日も営業

ご予約について

当院は予約優先制となっております。