- 関節リウマチ

関節リウマチ

免疫の異常で起こるとされる関節リウマチは、鍼灸治療で適切にツボを刺激することで関節リウマチが原因で起こる痛みやむくみなどの症状を緩和させる効果が期待できます。

豊田市西岡町にある当院の「はり屋」は、関節リウマチの症状緩和の治療を行っております。
患者さん一人一人に合った治療を行いますので、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

関節リウマチとは

関節リウマチは手や足の関節に炎症が続くことで関節の細胞が壊されて、変形や硬直して上手く動かすことができなくなってしまう自己免疫性疾患じこめんえきせいしっかんの病気です。(膠原病こうげんびょう

男女比は女性の方が3~4倍多く30~40代の女性に多い病気です。しかし、15歳未満の若年性、60歳以上の高齢発症の関節リウマチもあり、どの世代でも免疫の異常によって起こり遺伝によって病気が発症する可能性もある病気です。

関節リウマチの治療は主に薬物療法で炎症をコントロールして進行を防ぎます。また、手術治療やリハビリテーションを合わせて辛い症状の緩和をして行きますが、鍼灸治療も症状を改善し日常生活をスムーズに行うための選択肢のひとつとなっています。

関節リウマチの原因

関節リウマチは原因がすべて分かっておらず、患者さんの免疫機能が異常に働くことで関節の「滑膜かつまく」に免疫細胞が集まって異常に増殖することが要因です。

通常、免疫は体の中にウイルスや細菌、異物が入ってくるのを防ぎやっつける働きをしています。しかし、この機能に異常が生じると自分で自分の軟骨や骨を破壊することで関節が変形し進行すると硬直し関節が固まってしまいます。

発症する要因は、ウイルスや細菌・遺伝・ストレス・女性ホルモンなどが引き金となります。
効果的な予防法は分かっていないため、家族に関節リウマチの既往歴がある場合には定期的な診察を受けましょう。

関節リウマチの症状

関節リウマチの症状は主に痛みと腫れで、関節の軟骨の間でクッションの役割をしていた滑膜に炎症が起こることで痛みや腫れを伴います。

痛みを伴う部位は手指や足・ひざ・肩・ひじ・頚椎などで初期の段階ではほぼ痛みはなく、進行することによって何かを握った時や体を動かした時に痛みを感じるようになり、次第にじっとしていても痛みを感じるようになります。

痛みは精神的なストレスや気圧、湿気の影響を受けるため天気が悪い日に痛みが強く出ることも特徴です。
当院の施術では病院での薬物治療の補完として自律神経を整えて免疫力の調整をすることで症状を緩和する治療を行います。


 


アクセス情報

所在地

〒473-0936
豊田市西岡町石畑48-1

アクセス

県道239号線エディオン高岡店さんからファミリーマートさんへ100m

駐車場

4台あり

休診日

土曜・日曜・祝日も営業

ご予約について

当院は予約優先制となっております。