- 変形性膝関節症・オスグット

変形性膝関節症・オスグット

変形性膝関節炎とオスグッド病はどちらもひざに痛みが現れる疾患です。年齢や原因は異なりますがどちらも鍼灸治療で症状を緩和することができます。

では変形性膝関節症とオスグッド病はどのような疾患なのでしょうか?

変形性膝関節症

変形性膝関節症へんけいせいひざかんせつしょうはひざ関節の軟骨が傷つくことで炎症が起こり、痛みやれなどの症状が生じる疾患です。
50代以上の女性に好発する疾患で、60代以降では加齢とともに男性にも多くなります。

変形性膝関節症の原因

変形性膝関節のはっきりとした原因は分かっておらず、生まれて立って歩くようになってから長い期間を膝で体重を支えていることで、クッションの働きをしている軟骨部分に傷がつくことが原因ではないかと考えられています。

また、加齢や太り過ぎ・運動不足・姿勢の悪さ・性別(女性)も変形性膝関節症の発症のリスク因子になります。

変形性膝関節症の症状

主な症状は痛み・腫れになります。立ち上がる時や階段の上り下りなどの屈伸の動作や歩き始める時などに痛みを伴い、進行することで正座やしゃがむなどの操作が難しくなります。

また、関節に炎症が起こることで、ひざの腫れや熱を持つ・赤くなるなどの症状が現れ、ひざの皿周辺に水が溜まってしまいます。

多くは痛みがあると安静にして動かないようになりますが、それによってひざ周辺の筋力は落ちてしまうのでさらにひざに負担がかかりやすくなってしまう悪循環になることもあります。

オスグット病

 オスグッド病は「オスグッド・シュラッター病」とも言い、成長期の子供に発症するスポーツ障害の一種で「成長痛」としても扱われることがある疾患です。
ひざの関節に起こる炎症で膝の皿の少し下の骨が盛り上がることで運動や屈伸などの動作で痛みを伴います。

オスグッド病の原因

成長期のまだ骨が柔らかい時期に、部活動などで激しい運動を繰り返すことで膝付近のつなぎ目が引っ張られ、ひざ下の骨が盛り上がったりがれたりすることで炎症が起こり痛みの症状が現れます。

特にサッカー・バレーボール・バスケットボール・陸上などの跳躍ちょうやくやボールをけるスポーツを繰り返すことで発症します。

オスグッド病の症状

ひざ下の骨が盛り上がって突き出すことで炎症を起こし、赤く腫れたり熱を待ったりして痛みを伴います。安静時には痛みはありませんがジャンプや屈伸などの動作を行うと痛みを伴うためこの時期は運動を控えた方がいいでしょう。

オスグッド病を防ぐためには、運動前に入念に準備体操やストレッチをして運動後はアイシングをしてしっかりとケアをしましょう。


「はり屋」では変形性膝関節症・オスグッド病による膝の痛みの治療を行っておりますのでお気軽にご来院ください!


アクセス情報

所在地

〒473-0936
豊田市西岡町石畑48-1

アクセス

県道239号線エディオン高岡店さんからファミリーマートさんへ100m

駐車場

4台あり

休診日

土曜・日曜・祝日も営業

ご予約について

当院は予約優先制となっております。