- おねしょ

おねしょ

おねしょは小さい頃に誰しも一度は経験があるものです。成長とともにおねしょは治っていくものですが5歳を過ぎておねしょが続いてしまうと親御さんは不安になってしまうものです。
ゆっくりおねしょと付き合って改善していくことが大切ですが、小児鍼治療で症状に効果があることをご存知ですか?

おねしょはなぜ起こってしまうのか詳しく見ていきましょう!

おねしょ(夜尿症)

おねしょは、「夜尿症(やにょうしょう)」と言い、子どもの排尿の日内リズムが未熟であるために起こります。

尿を溜めておく膀胱の大きさと睡眠中に作られるおしっこの量があっていないことで、膀胱(ぼうこう)に溜めておくことができるおしっこの量を超えてしまい夜間のおねしょを起こしてしまいます。

幼児期にみられるおねしょは体が発育する段階で起こるため成長していくにつれておねしょも治っていきます。しかし、5~6歳を過ぎてもおねしょが治らない場合にはホルモンバランスが不安定になっていると考えられます。

おねしょをしてはいけないというストレスや体が冷えてしまっていることがおねしょにつながるため気長に付き合っていきましょう。

親子で向き合うポイント

夜尿症を改善するには本人だけでなく親子一緒に気長に取り組んでいく必要があります。
焦っておこってしまうことやおねしょをしないように夜間起こさないことが大切です。

子どもにおねしょをしたことをしかってしまうと、劣等感を持ってしまったり自主性を奪ってしまったりと本人のストレスにつながりホルモンバランスを崩してしまうこともあります。

また夜間おねしょをしないように起こしてしまうと睡眠のリズムが崩れてしまい排尿機能だけでなく体全体の成長を妨げることになってしまいます。

寝る前の水分をコントロールしながら日中におしっこを我慢する訓練をするなどして徐々におねしょと卒業しましょう。

鍼灸治療に効果あり!

おねしょをしてしまう子どもは体が冷えている子や成長が遅れている子が多いという特徴があります。

成長が遅れている場合は膀胱が小さくおしっこを長時間溜めておくことができないからだと考えられます。はり治療では体を温めて適切なツボを刺激することで症状を改善させていきます。


おねしょは子どものうちは、誰しも一度は経験するものです。焦らずゆっくり向き合っていきましょう。
当院「はり屋」ではおねしょの小児鍼治療でお子さんの成長のお手伝いをさせていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください!


アクセス情報

所在地

〒473-0936
豊田市西岡町石畑48-1

アクセス

県道239号線エディオン高岡店さんからファミリーマートさんへ100m

駐車場

4台あり

休診日

土曜・日曜・祝日も営業

ご予約について

当院は予約優先制となっております。