- 五十肩・四十肩

五十肩・四十肩・肩関節周囲炎

40代になって肩が上がらなくなり痛みを伴うと「四十肩」や「五十肩」などと呼ぶことがありますが、四十肩の症状は肩関節周囲炎と言う疾患によって起こります。

鍼灸治療の適応でもある肩関節周囲炎けんかんせつしゅういえん
について解説します!

肩関節周囲炎とは

肩関節周囲炎けんかんせつしゅういえん」は「四十肩」や「五十肩」ともいい、名前の通り40代~60代の中高年に好発する疾患で、肩関節の痛みと腕が上がらなくなるなどの動きが制限される運動障害を伴う病気の総称です。

通常は片方の肩に炎症症状が現れますがはっきりとした病名を付けることができない原因が分からないものを肩関節周囲炎として扱っています。類似する疾患に石灰性腱板炎せっかいせいけんばんえん腱板断裂けんばんだんれつがあるため、痛みが続く場合には一度病院を受診しましょう。

原因

肩関節周囲炎は肩関節の筋肉と骨を結ぶ「腱板けんばん」と骨同士を結び付ける「靭帯じんたい」、筋肉と腱板の隙間に炎症が起こり変性することで発症します。

腱板や靭帯に炎症が起こると肩関節の動きをよくするための液が入っている袋(滑液包かつえきほう)の弾力も失われてしまうため悪化しやすくなりますが、段階を超えることで症状は次第に回復していきます。

症状

肩関節周囲炎の症状には、肩から肘にかけての痛みと関節の動きが制限され動く幅が狭くなるなどの症状が現れます。

急性期・慢性期・回復期の3つの時期に分類することができ、急性期は痛みが最も強く現れる時期で炎症が起こっている腱板や肩の可動をスムーズにするための袋周辺が痛み、肩全体や上腕に広範囲の痛みがあるのが特徴です。

肩を動かしていない時期でも痛みがあり、肩が冷えやすく寝る体勢によって肩に負担がかかる夜間に痛みが強く出るのも急性期の特徴です。急性期は着替えや入浴時などの日常生活でも痛みが出やすいので急性期のうちに緩和治療をすることが大切になります。

慢性期になると激しい痛みはないものの肩の動く幅は制限されたままで、肩を上げるなどの動作で痛みが出たりします。回復期になると、動作の制限も少しずつ解除され腕が上がるようになります。

鍼灸治療のはり治療では急性期の痛み緩和を目的に治療を行い、灸による温熱療法も血流を促進させ痛みの緩和に効果があります。


当鍼灸院「はり屋」も四十肩・五十肩・肩関節周囲炎の治療を行います。
症状がひどく悩んでいる方・夜間に痛みがひどくて眠れないなどの悩みをお持ちの方は一度、当医院へお越しください。症状緩和に向けて一緒に治療していきましょう!


アクセス情報

所在地

〒473-0936
豊田市西岡町石畑48-1

アクセス

県道239号線エディオン高岡店さんからファミリーマートさんへ100m

駐車場

4台あり

休診日

土曜・日曜・祝日も営業

ご予約について

当院は予約優先制となっております。