- 鼻炎・蓄膿

鼻炎・蓄膿

鼻炎と蓄膿症ちくのうしょうは鍼灸治療に関係のない分野と思う方も多いかもしれませんが、鍼灸治療によって症状が改善や回復までの期間を早めることができます。

慢性化しやすい鼻炎と蓄膿症は一体どのような原因で起こるのでしょうか?

鼻炎

鼻炎は急性鼻炎と慢性鼻炎・アレルギー性鼻炎があります。風邪を引いたわけではないのに、鼻水や鼻詰まりなどの症状が起こる炎症は慢性鼻炎やアレルギー性鼻炎です。
急性鼻炎やアレルギー性鼻炎が長期的に続く・繰り返す場合は慢性鼻炎となり治療が必要になってきます。

鼻炎の原因

急性鼻炎の場合は風邪ウイルスによって起こるため風邪が完治すれば鼻炎の症状はなくなります。

アレルギー性鼻炎は、空気中を浮遊している花粉やハウスダストが鼻の粘膜にくっつくことで体が異物を排除しようとして鼻水やくしゃみなどの症状を起こします。

またストレスや睡眠不足などで免疫力が下がってしまうと鼻炎になりやすいと言われ症状が回復してもまた鼻炎になってしまうこともあります。

鼻炎の症状

鼻炎の症状は鼻水・鼻づまり・くしゃみが代表的ですが目のかゆみや喉がイガイガするなどの症状も起こる場合があります。
また、鼻炎が続くと頭がボーっとして集中力や注意力が下がってしまうこともあるのが特徴です。

蓄膿症

 蓄膿症は「副鼻腔炎ふくびくうえん」とも言い、鼻の周りになる副鼻腔という空洞部分が炎症を起こして膿が溜まった状態を言います。
鼻炎と同様に免疫力が下がっているとかかりやすくなることでも知られている疾患のひとつです。

蓄膿症の原因

蓄膿症は風邪ウイルス・細菌・アレルギー性鼻炎・鼻の形が原因となって起こります。風邪ウイルスや花粉症、アレルギー性鼻炎が原因となっている場合は鼻の粘膜に起こった炎症が副鼻腔に広がることで蓄膿症が起こります。

鼻の形が極端に曲がっていることでも鼻の通りが悪くなることで炎症が起こってしまうことがあります。
また極端な偏食やストレスなどが原因となって免疫力が低下すると蓄膿症になりやすく、再発しやすくなります。

蓄膿症の症状

蓄膿症の症状は、鼻水や頭痛、嫌なにおいがする、鼻の横を触ると痛みがあるなどの症状があり治るまでに膿特有の臭いがすることが特徴です。
急性の副鼻腔炎であれば1~2週間程度で治りますが慢性化すると治るのに半年以上かかってしまう場合もあります。


豊田市西岡町の刈谷ハイウェイオアシス近くに当院「はり屋」はございます。
長く続く鼻炎。再発を繰り返す蓄膿症でお悩みの場合は鍼灸治療で症状を改善することができます!一度お気軽に当院「はり屋」にご来院ください!


アクセス情報

所在地

〒473-0936
豊田市西岡町石畑48-1

アクセス

県道239号線エディオン高岡店さんからファミリーマートさんへ100m

駐車場

4台あり

休診日

土曜・日曜・祝日も営業

ご予約について

当院は予約優先制となっております。