- アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は赤ちゃんの時期から成人までになりやすいとされてきましたが現在では大人でもアトピーになる人が増えています
当院でもアトピー性皮膚炎の治療、小児鍼・鍼灸治療をおこなっています。

アトピーは成人になると治るとされてきた病気でしたが現在では、生活習慣の乱れストレスなどで自律神経が乱れることで大人になってアトピー性皮膚炎を発症する人が増えてきました。

当院でも大人の鍼灸治療だけでなく小児鍼も行っています。ぜひお気軽にご来院ください!

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は、皮膚にかゆみや湿疹、赤みを伴う炎症反応で繰り返し炎症が出てしまう病気です。
皮膚が乾燥してしまいやすく赤い腫れや白いフケ、かゆみを伴う湿疹などの症状が現れ赤ちゃんの時期から成年までに多くみられる病気です。

現在ではストレス過労などから小さい時に治っていたアトピー性皮膚炎が再び発症する場合や新たにアトピーを発症する症例も増えています。

原因

アトピーのはっきりとした原因は分かっておらず、遺伝や乾燥肌・これまでに気管支喘息きかんしぜんそくやアレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎けつまくえんなどになったことがある人にかかりやすいとされています。もちろんこれらの病気にかかったことがあっても発生しない人もいます。

また、アトピー性皮膚炎の人に特徴として肌が弱く乾燥肌であることが挙げられます。化学繊維のタオル肌着・衣類・化粧品・ハウスダストだけでなく自身がかいた汗にも敏感で汗をかいてそのままにしておくとアトピーの原因となってしまいます。

自律神経と大きく関わっており生活習慣の乱れストレスでアトピーを発症してしまう場合もあります。

症状

アトピー性皮膚炎の症状は「強いかゆみ」と「湿疹」で症状が良くなったりひどくなったりを繰り返します。赤みがある湿疹で発疹の中にグジュっとした液が含まれ湿疹の袋が破れるとかさぶたができて快方に向かいます。

しかし、免疫力が下がったり肌が乾燥したりすると再発し同じように繰り返していきます。
症状をコントロールするには肌の乾燥を防ぐことや汗をこまめに拭いておくことが大切です。赤ちゃんや小児のアトピーは特に肌が弱いため注意が必要です。

自律神経との関係

アトピー性皮膚炎は自律神経と大きな関わりがあり、当院でもアトピー性皮膚炎の治療に自律神経を整える施術をおこなっていきます

自律神経は交感神経と副交感神経があり交感神経は心拍数を挙げたり呼吸数を上げる働きなどに関与し、副交感神経は胃腸の働きを活発にしたり免疫系の働きに関与しています。

アトピー性皮膚炎は副交感神経が優位になりやすく自律神経のバランスを崩してしまいます。自律神経のバランスを整えることはアトピーの改善に繋がります。


 


アクセス情報

所在地

〒473-0936
豊田市西岡町石畑48-1

アクセス

県道239号線エディオン高岡店さんからファミリーマートさんへ100m

駐車場

4台あり

休診日

土曜・日曜・祝日も営業

ご予約について

当院は予約優先制となっております。